非営利法人の会計ソフト・不動産管理業務システム会計ソフトのサクセス

資料請求

お問い合わせ窓口 電話048-476-8881

パワフル会計「社福」

お客様の声 導入実績 保守・サポート スペック 帳票一覧 デジタルカタログ

システムの概要

パワフル会計「社福」は、平成24年4月適用の新会計基準に準拠した社会福祉法人様専用の会計システムです。
業界トップクラスの導入実績を持つ「パワフル会計」シリーズの技術とノウハウを活かし、さらに先進機能と使いやすさを追求しました。
特にパソコンが初心者、会計の経験が浅いという方でも簡単に操作が行えるように、スピーディーかつ正確な入力作業に貢献する入力サポート機能や仕訳パターン機能などを多数搭載しました。
さらに、入力したデータはすべて年度ごとに保存されているため、さかのぼっての照会もすぐに行え、データの一元管理が可能です。
また、減価償却機能や配賦処理機能をはじめ、効率的な法人運営を実現する多数の業務支援ツールを標準搭載しています。

パワフル会計「社福」の特長①
特長①

新会計基準の財務諸表をExcel形式で出力可能

入力された仕訳データを元に新会計基準に完全準拠した財務諸表をExcel形式で自動作成します。 セル幅の調整や網掛けの変更、罫線の微調整など思いのままに作成できます。 「財務諸表に対する注記」にも自動的に金額を差し込むことができ、毎年の編集作業が効率的に行えます。

パワフル会計「社福」の特長②
特長②

減価償却機能を標準搭載!

わかりやすい資産入力画面と管理帳票で、固定資産管理業務を効率化する減価償却機能が標準で搭載されています。 償却データは会計データとの連動が行えるため、入力の二度手間もありません。

パワフル会計「社福」の特長③
特長③

正確かつスムーズな配賦処理を実現!

お客様の業務処理に合わせ、4種の配賦方法から自由に仕訳パターンを選択できます。 また、複数の事業や拠点にまたがった経費を配賦する場合にも、柔軟な配賦条件の設定が可能です。 さらに、仮配賦機能により事前に仕訳を確認可能なため、ミスなく処理を行うことができます。

パワフル会計「社福」の特長④
特長④

OBC奉行シリーズとの
データ連動で超効率化!

奉行シリーズで作成された仕訳テキストファイルを、パワフル会計「社福」の「テキスト取込処理」で取込みます。 これにより、入力作業の効率化や省力化が図れます。

業務システムフロー

社福業務システムフロー class=

オプションシステム

パワフル会計「社福」は、お客様の業務に合わせ、豊富なオプションシステムをご用意しています。各オプションシステムは会計システムとシームレスに連動し、1つのデータをマルチに運用することで作業効率アップを実現します。

Excelプラグインシステム

独自に作成したいExcel形式の決算書等のファイルにシステムで保持している予算データや残高データを、自動差込できる利便性の高いシステムです。お客様側にて作成したいExcel帳票様式を登録する事ができる為、拡張性の高いオプションシステムとなっています。

経過勘定システム

発生主義で会計処理を行う法人向けのシステムで、債権・債務データを照合・抽出し、データを消し込むことにより入金・支払の相殺仕訳を自動作成させます。発生主義による毎月の処理だけでなく、期末に発生した経過勘定の翌期の消し込みにも威力を発揮します。

ERP伺書システム

伺書から本仕訳(仕訳伝票)へ自動変換することにより、会計システムに完全連動した、伺書作成システムです。 カスタマイズ可能な基本設計により、基準システムをベースにお客様に合わせた独自の伺書(別途有料)の作成が可能です。

連結会計システム

各支部や施設を保有している場合、それぞれの会計を本部の会計に合算するシステムです。 別々のパソコンで入力した仕訳データや予算データを合算する事ができ、支部や施設ごとの個別管理と同時に本部での一括管理が可能です。

分散入力システム

伝票入力専用の端末で、複数のパソコンでの伝票入力や遠隔地でのデータ入力が可能です。端末ごとに日計表や出納帳の作成も行えますので、支部・施設を保有している場合、WAN環境の構築に比べて大幅なコストダウンを実現できます。

ERP予算書作成システム

会計・事業・部門・科目ごとに予算額の算出根拠を入力して、会計の予算額データへ変換することができるシステムです。会計システムから実績額を自動で取り込めるだけでなく、前年度の予算額を参照しながら入力できます。予算書はExcel形式で出力されますが、お客様のご要望に合わせてカスタマイズすることも可能です(別途有料)。

お電話でのお問い合わせ 資料請求はこちらへ

トップヘ戻る

拠点情報

株式会社 サクセス

本 社 TEL:048-476-8881
名古屋 TEL:052-202-5885
大 阪 TEL:06-6265-3677
福 岡 TEL:092-483-3304