製品情報

パワフル「公益」

特徴 機能 スペック
公益法人専用会計システム
パワフル会計「公益」 平成20年度新会計基準への完全対応版
1つのシステムで、新・旧の会計基準をデュアル処理 いつからでも、新基準の会計処理をスタートできます。
■事業区分の対応 ■正味財産科目に対する予算額の対応
これまでの「会計区分」ごとの処理から「法人全体」の会計処理へと大幅に処理方法が変更となりました。これに伴い、決算諸表にも、事業区分ごとに内訳表の作成が必要となります。
本システムでは、仕訳入力時に「事業区分」を設定することにより、財務諸表の内訳表を事業分類又は事業グループ区分ごとにスピード作成します。

予算は収支科目と正味財産増減科目の双方での設定・管理が必要となりました。
本システムでは、収支科目で入力した場合は、正味財産増減科目へコピー、正味財産増減科目で入力した場合、収支科目へのコピーが可能ですので、入力の二度手間を省きます。
■財務諸表変更の対応 ■基金科目の対応
財産目録の様式変更・附属明細書・内訳表の新設など、財務諸表の新規追加や変更が行われました。
本システムの財務諸表は、Excelとの完全データ連動が可能です。
Excel形式での財務諸表作成後は、注記の入力など、文字数の制限がなく、自由に追加入力を行なっていただけます。
また、面倒な転記作業も一切不要ですので、そのまま決算時の提出用の財務諸表としてお使いいただけます。
基金科目の新設に対応。科目マスターで基金科目設定を行うことで、貸借対照表/正味財産増減計算書/キャッシュ・フロー計算書へ、必要な基金科目が自動的に設定されます。
TOP▲
サイトマップ | プライバシー&セキュリティ | 著作権と商標について
Copyright (c) 2004-2005 SCCES. All Rights Reserved .